LINE・メール査定のポイントとは?

最近、ブランド食器などを扱う買取業者の中には「LINE査定」「メール査定」を採用している企業が増えています。
今回はLINE査定、メール査定がどういうものか紹介します。

LINE・メール査定とは?

メール査定申込み多くの買取業者が依頼者の自宅に出張する「出張買取」や、商品を配送して査定を行う「宅配買取」を採用しています。
そこに新しく加わった査定方法が「LINE査定」「メール査定」です。
LINEのトークやメールを利用するので、既存の査定にはないメリットや注意点があります。

LINE・メール査定のメリット

LINE査定を申し込む女性LINE・メール査定は、自分の好きなタイミングで手軽に査定を受けられるメリットがあります。
LINE査定を受ける場合は、ホームページなどに公開されているQRコード、LINE IDを読み取り「友だち」になります。
トークができるようになったら事前に用意した商品の写真を送り、「査定依頼」などの文言を送るだけ。
あとは査定結果を待つだけです。
メール査定の場合も基本的な流れはLINEと同様です。
公開されているアドレスや設置されている専用フォームを通じて写真を送り、査定を依頼します。

あくまでも「事前の査定」

待った!LINE査定・メール査定は画面を通じて査定を行うため、実物を査定したときに値段が前後する場合があります。
また、LINE・メール査定で提示された査定額は、その金額を保証するものではありません。
「だいたいの値段を知りたい」という場合に利用するには最適な方法ですが、あくまでも「事前の査定」として利用するようにしましょう。

LINE・メール査定のポイント

次に、LINE査定を上手に使うポイントをお伝えします。
よりよい業者を見極めるためのチェックポイントや、実際の査定でトラブルにならないためのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント①LINE・メールの文面をチェック

メール対応する査定士多くの買取業者は電話対応専属のオペレーターを雇っています。
問い合わせの電話をかけたときに対応してくれるのは、このオペレーターであることがほとんどです。
一方LINE・メール査定は、実際に査定士が写真を見て対応します。
つまり、実際の査定士の対応や質を見ることができるということです。
金額以外の情報も確認して、対応に失礼な点がないか、きちんと誠意のある対応ができているかなどを見るようにしましょう。

ポイント②しっかり写真を撮る

撮影ここでいう「しっかりした写真」とは、見栄えがいい写真という意味ではありません。
査定に使う写真は、粗を隠す写真ではなく、あえて傷や汚れがわかるように写すのがポイントです。
「査定額が下がるのでは?」と心配される方も多いと思いますが、実物の査定をしたときに、査定士は必ず傷や汚れを見抜きます。
LINE・メール査定で提示された査定額と実物を見る査定で提示される査定額に大きな差が出ないようにするためにも、傷や汚れは正直に申告しましょう。

高級ブランド食器の友【高級食器買取サイト比較】
高級ブランド食器の友【高級食器買取サイト比較】
タイトルとURLをコピーしました