ブランド食器の店頭買取までの流れと特徴を紹介します

食器の買取方法は大きく分けて3つあります。

・店頭買取
・出張買取
・宅配買取

とそれぞれ特徴があり、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

店頭買取店頭買取は買取ってもらいたい食器を店舗へ持ち込み査定を受けるタイプの買取方法です。

インターネットやスマートフォンが普及する前は一般的な買取方法で食器に関わらず、貴金属やブランド品も店舗で買取ってもらうことが一般的でした。

しかし、昨今ではインターネットや宅配などのインフラが発達したため、無店舗型の業者が増えこの数年で出張買取や宅配買取が主流となりつつあります。

このページで店頭買取完了までの流れやメリット、デメリットなどを紹介します。

出張買取について
知りたい方はこちら

宅配買取について
知りたい方はこちら

食器を持ってお店に行くだけ!店頭買取の流れとは

店頭買取が完了するまでの段階はたったの3つです。

1.食器を持っていく
2.売るか売らないかを決める
3.誓約書へサインをした後
現金を受け取る(成約時)
3.食器を持って帰る
(不成約時)

店頭買取は手間がかかる分、買取完了までの流れは非常にシンプルです。
次はそれぞれの段階で注意すべき点などを紹介していきます。

1.店舗へ行く前に事前連絡を

食器を買取ってもらいたい業者を決めたのであれば、食器をまとめ出かけるだけなのですが注意点が2つあります。

店舗側に訪問する日時を伝える

電話する女性ほとんどの業者は飛び込み(事前連絡なしで店舗へ行くこと)でも対応してくれるとは思いますが、既に他のお客さんがいたり前後が予約で埋まっているような状況であれば、店舗内で待たされることがあります。

事前に訪問する日時を伝えることで、待ち時間などが少なくなりスムーズに査定に行ってもらえます。

当日でも良いので「食器の査定をして頂きたいのですが、本日の◯◯時に伺ってもよろしいでしょうか?」といった内容を電話で聞いてみることをオススメします。

繁華街や駅から近い店舗であるほど混み合っている可能性が高くなるため注意が必要です。

食器を傷つけないような配慮を

食器を梱包する食器は少しの衝撃で傷が付いたり破損してしまうため、店舗へ持ち込む際は食器が接触しないよう柔らかい布で包むなど、出発前に充分な準備を行ってください。

特にブランド食器はちょっとした傷であっても、その価値を大きく下げてしまうこともあるため注意が必要です。

成約時には身分証明書が必要となるため、運転免許証やパスポートなどを忘れないようにしましょう。

2.査定額の提示を受け、売るか売らないかを決める

査定査定士や持ち込んだ食器の量にも左右されますが査定は数十分ほどで終了します。
あとは提示された金額が納得のいくものであれば成約となり、納得のいかないものであれば不成約となります。

店頭買取の場合、査定料などがかかることは基本的にはありません。仮に買取を断ったとしても同様です。

3.成約時はすぐに現金で支払ってもらえる

現金受け取り査定額に納得し成約となった場合は契約書へのサインと身分証明書の提示を行うだけです。
書類の内容や身分証明書に不備などがなければ、その場で現金を受け取り手続きは完了となります。

買取額が大きい場合は現金ではなく、後日の振り込みになる場合もあります。

金額は業者によって異なりますが、その際は振込先となる口座情報を伝える必要があります。

3.不成約時は食器を持って帰る必要があります

ダンボールを持つ女性査定額に不満がある場合は残念ながら不成約となります。
その際、店舗に持ち込んだ食器はすべて自分で持って帰る必要があります。

そのため、店頭買取の際はあまり大量の食器を持ち込まない方が良いです。食器が多くなると荷物が重たくなり移動も大変ですし、途中で傷などが付くリスクも高くなります。

店頭買取のメリットについて

なんぼや心斎橋店店頭買取のメリットは何かの「ついで」に査定と買取を済ませることができる点です。

店頭買取を行っている店舗は駅や繁華街などの近くにあるため、友人との食事や買い物の前などに済ませることができます。

もう1つのメリットは店頭買取は最も早く現金を受け取れる買取方法という点です。

出張買取であれば訪問日時などを決めて、訪問日まで待つ必要があるため現金化までは少し時間が空いてしまいます。

その点、店頭買取の場合は当日に店舗を訪れ現金化できるため、問い合わせたその日の内に完了することができます。

店頭買取のデメリットについて

壊れた皿店頭買取のデメリットは「自分で食器を運ばなければいけない」ことです。食器は一枚でも重たいものがありますし、1人で運べる量にも限界があります。

先に触れたように移動中に傷がついてしまうリスクがあり、不成約時には再び自宅まで持ち帰らないといけない点は大きなデメリットだと感じます。

私が店頭買取を利用しない理由も同じです。

貴金属等であれば運びやすいので、店頭買取を利用することもありますが食器類はリスクや手間が他の買取方法に比べ大きすぎると思います。

その点、そういった手間が少ない出張買取がやはりオススメです。最近はメルカリやヤフオクなどネット上で簡単に個人間での売買が行える環境が揃っていきていますので、売りたい食器の価値を分かっているのであれば利用してみてもいいのかもしれません。

高級ブランド食器の友【高級食器買取サイト比較】
高級ブランド食器の友【高級食器買取サイト比較】
タイトルとURLをコピーしました